シーズーなっつとプチキレイ☆探し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の記録 4

浅間大滝も浅間牧場も近くだけど、なっつが疲れないように滞在時間も短めにし、
買い物も含めて2時間ちょっとのお出かけで帰還。

それでも、なっつは移動の疲れがあるだろうから、今日は早めに寝て、
明日は朝一で白根山を観に行こうと計画していました。


ところが・・・、

翌日の朝5時、なっつがムックリ起き上がり、

ゲェー・・・。

朝、お腹が空き過ぎて吐くことは時々ありますが、
食べてから随分時間が経ってるのに、内容物が不消化なままなのは初めて。

大丈夫?ってよく見てみると、

ガタガタガタガタガタ・・・・・・。

物凄く震えてる!えぇっ、どうしようー!

とりあえず、私が寝ていた毛布でグルグル巻きにしてヒザに乗せて、
「ごめんね、ごめんね、ごめんね、辛かったの?ごめんね、・・・・・。」と繰り返しました。
体調管理が万全じゃなくて、可哀そうなことをしたと反省。
ちょっと泣きそうでした(TωT)

しばらくはガタガタ震えていたけど、震えが止まったら、
イビキをかき出してグーグー寝てる。

近所にTVのポチたまで有名な動物病院(歩いていける場所)があるから、
そこで診てもらうことにしようと。

2時間は私のヒザの上で寝ていたかなぁ。

ムクッと起きて、こっちを見てるので、チッチがしたいのかな?と思い、
「ちょっとだけ外に出て、チッチするかい?」って聞いたら、

うん!

ヒザと毛布から飛び出して、尻尾を高速で動かしている・・・?へっ?大丈夫?

とりあえずお庭で済ませましょうかと、外へ。

    4日の朝1
    本調子じゃないけど大丈夫みたい。ちょっとだけ散歩したい。

と言うので、家の周りをグルッと一周。

    4日の朝2


帰ってきたら、「ご飯くれ!」と言うので、
いつもの2/3ぐらい出したら、完食。
なんか元気そうなので、様子を見る事にしました。
その後、吐くこともなかったので、病院には行かず、
大事をとって一日ボンヤリすることに決定。

翌日にはすっかり元気でした
帰りは早めの行動で、渋滞にあわずに済みました。

----------------------------------------------------------------------

実は、なっつの心には深い傷が未だに残っているように感じる事が時々あります。
この旅行で、夜に車に乗ったところから様子がちょっとだけ変でした。

なっつが人間語をしゃべった訳じゃないけど、「捨てられちゃう?」
という不安が付きまとってるようでした。

旅行中、私たちのご機嫌を取る様に、ちょっとのことでも喜んで見せたり、
通常はないストーカー行動もあり、体から『心配、不安』のオーラが出てる感じ。

不安が内に内に向かうなっつは、ストレスが体に出るタイプだと思います。
いたずらや嫌がらせはしないけど、体が痒くなったり、吐いたり・・・。

この旅行も体力的な疲れとは別に、そんなストレスを感じて、
具合が悪くなったように思います。



で、この旅行の最後の最後に、夫がパンを買いに行って、私と待ってる間も、

    心配
                         ・・・・・・・・。

後ろ足がプルプルするぐらい真剣に夫の帰りをこの状態で待つなっつ。

私はむりやり抱っこして、
「もうさ、大丈夫だよ。信じてよ。ずっと一緒だよ。
 こんなんじゃ名前もさ、『信』と書いて『なっつ』と読ませるよ。」
と訳の分からない説得をブツブツブツブツ言ってたら、ヒザの上で寝始めました。

なっつにとって旅行って・・・、と少し考えましたが、
こういう場面を経て少しずつ慣れて、我が家で安心してもらえる日が来るだろうと思います。

    軽井沢駅
                   また、皆で来ようね。

うん、皆で来ようね (*´∀`*)


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。